格安SIMガイドブック

毎月のスマホ代は安くなる時代!賢く節約しよう!女性のための格安SIMガイドブック

バックアップ LINEモバイル iPhone

iPhoneの大切な写真やデータは万が一のためにバックアップをとろう!iCloud編

投稿日:2017年2月26日 更新日:

iPhoneのデータを定期的にバックアップとってますか⁉

iPhoneのバックアップとは、簡単にいうと、iPhoneの中にあるアプリや写真、音楽、連絡先などなどを別の場所で保存する作業のことをいいます😉☝✨

「機種変更の時にしかやっていない」という方や、「そもそもやったことがない」という方もいるかと思います😥

定期的にあるosのアップデートの時に、iPhoneの中にあるデータをバックアップしないまま、アップデートしてしまうと、たまにiPhoneの中のデータが全部消えてしまった❗ってことがあります😭💦

そうならないためにも、iPhoneのバックアップって実はとても大切なことなのです😖💡

バックアップは、iPhoneを失くした時や調子が悪い時など、突然データが消えてしまっても、バックアップをとっておくことで、データを簡単に復元することができます😊👌

今使ってるiPhoneを格安SIMに乗り換える場合、特にバックアップをとる必要がないかもしれませんが、万が一SIMを変えたらデータが消えた❗なんてことがないようにきちんとバックアップをとりましょう👍‼

新しい機種に乗り換える時や、他社にのりかえる時だけではなく、常日頃からバックアップをとっておくことは万が一の時にとても助かります💁✨

やり方は簡単なので、この機会にバックアップの方法を覚えて定期的にバックアップはとっておきましょう😉❤

iPhoneのバックアップの取り方は2種類あります

iPhoneのバックアップの取り方は2種類あって、iCloudでバックアップをとる方法とiTunesでバックアップをとる方法があります😊

iCloudでバックアップをとる場合は、スマホでできます💙

iTunesでバックアップをとる場合は、パソコンが必要になります💜

iCloudの場合は、スマホでバックアップとれるので、今回はスマホでバックアップができるiCloudの方法をご紹介していきたいと思います😆💕

✨iCloudで、バックアップがとれるもの✨
🔸カメラロール内の写真・ビデオ
🔸Appleから購入した音楽・映画・動画・ブックなど
🔸アプリのデータ
🔸ホーム画面での配置
🔸iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
🔸着信音
🔸ボイスメモ

iCloudでバックアップをとる注意点2つ

iPhoneのバックアップをとるためには2つの注意点があります👀

Wi-fiが必要

iPhoneのバックアップをとるためにはWi-fiで通信がとれる環境が必要になります💡

家にWi-fiがないという方は、スタバなどWi-fiが繋がっているカフェや、コンビニを利用してバックアップをとりましょう😊‼

iCloudの容量が必要な場合がある

iCloudでバックアップをとる場合は、ストレージ容量と言われるバックアップに必要な容量が必要になります😤‼

通常、5GBの容量が無料でついていますが、たくさんの写真や音楽を全てバックアップしたい!という方は、5GBでは、足りないことが多いです😵💦

容量が足りてないと、こんな感じでポップアップがでてきます😭💦

容量が足りていない場合は、月々130円で50KBから容量を増やすことができるので、足りないという方は容量を増やしましょう💡💡

容量を増やさなくても、Googleフォトなどのサービスを使えば、無料で写真を保存することもできます🙊💕

写真の容量でiPhoneのストレージ容量が圧迫されている場合は、画像が保存できるサービスを利用して、iPhoneのデータを軽くするのも手です🙆❤

もちろん、バックアップとるものと、とらないものと選ぶこともできます❤

iCloudの容量が気になる!という方は、バックアップをとるものと、とらないものを選びましょう🙋

✨バックアップをとるものと、とらないものを選び方✨

 「設定」のアイコンを押す
 「iCloud」をタップする
 「容量」をタップする
 「ストレージを管理」をタップする
 「バックアップ」にある、「このiPhone」を開きましょう

バックアップをするアプリを選ぶことで、バックアップを
とるアプリととらないアプリを選別することができます🙊💕

iCloudでバックアップを手動でとる方法

iCloudでバックアップをとる方法には、手動でバックアップをとる方法と、自動でバックアップをとる方法があります😊✨

家にWi-fiを繋いでいないという方や、早くバックアップをとっておきたい!という方は手動でバックアップをとりましょう😎👍

家にWi-fiを繋げるという方は、電源に挿した状態で、Wi-fiを繋いでいる条件下のもとで、寝ている間や決まった時間に自動的にバックアップがとれます👐

手動でバックアップをとる手順

まずは、設定をタップしましょう🙋‼

「iCloud」という文字が出てくると思うので、タップしましょう💡

AppleIDと、パスワードを入力して、 iCloudにサインインしましょう💡

「バックアップ」をタップしましょう💡

「iCloudのバックアップ」をONにして、「バックアップ開始」の表示がでたら、OKをタップしましょう💡

バックアップが完了したら、「今すぐバックアップ作成」の下に、「前回のバックアップ:日時」が追加されたらバックアップ完了です😉💕

まとめ

iPhoneをiCloudでバックアップをとる方法は以上です😊✨

iCloudの容量さえクリアしたらスマホでも簡単にバックアップをとることができます😉

パソコンを持っている方は、パソコンの容量がある限りiCloudよりもバックアップをとれるものが多くあるので、パソコンをもっている方は是非iTunesでバックアップをとりましょう✨

機種変更や格安SIMに移行する時にバックアップを取るだけでなく、常日頃から万が一に備えてバックアップはとっておきましょう😆❤

バリュコマ広告

-バックアップ, LINEモバイル, iPhone

Copyright© 格安SIMガイドブック , 2019 All Rights Reserved.